News / ニュース

2021年11月18日
シンガポール上場企業であるReenova Investment社と、逆買収を前提とした法的拘束力を伴わないタームシートを締結

 株式会社スリーダム(本社:神奈川県横浜市神奈川区、以下、「3DOM」)は、2021年11月16日(火)にシンガポール取引所(以下、「SGX」)メインボードの上場企業であるReenova Investment Holding Limited社※1(本社:シンガポール、以下、「リーノヴァ」)に対して、3DOMの完全子会社であるスリーダム シンガポール社(本社:シンガポール、以下、3PL)の全ての発行済株式を譲渡(以下、本買収)するために、リーノヴァと法的拘束力のないタームシートを締結しました。本買収は、3PLによるリーノヴァの逆買収(Reverse Takeover)※2 を前提としており、本買収及びその後の手続を通じて3PLをSGXメインボードに上場させることにより、3PLのプレゼンス向上に寄与すると共に、同市場からの資金調達を実現することを目的とします。
 リーノヴァは、第三者機関の評価に基づく3PLの企業価値の75%から80%の間の価格で、3PLの全ての発行済株式を取得することになっています。また、3PLの譲渡対価が10億米ドル(約13.6億シンガポールドル相当)を下回らないことが、本買収を実行するための条件の一つとされています。
 3DOMは、本買収の対価として、リーノヴァが新たに発行する株式を1株当たり0.0075シンガポールドルで引き受けることになります。
 詳細は、2021年11月17日に発表されたリーノヴァのリリースをご覧ください。

 3DOMは、2021年8月19日にChaswood Resources Holdings Ltd.社※3(本社:マレーシア、以下、「チャスウッド」)と同社による3PLの買収に関するタームシートを取り交わし、さらに2021年11月5日に同社と株式売買契約(Sale and Purchase Agreement、以下、「SPA」)および転換権付融資契約(Convertible Loan Agreement、以下、「CLA」)を締結しました。しかし、その後の交渉の過程で買収に関する考え方やアプローチの違いが判明したため、2021年11月15日にSPA および CLA を解約することで合意に至りました。
 詳細は、2021年11月15日に発表されたチャスウッドのリリースをご覧ください。

※1 Reenova Investment社:
企業名:Reenova Investment Holding Limited
住所:60 Paya Lebar Road #10-16 Paya Lebar Square Singapore 409051
代表者:Chen Tong, Executive Chairman
SGX証券コード:5EC
Webサイト:www.reenovagroup.com

※2 逆買収(Reverse Take Over):
上場企業による未上場企業の買収・合併を通じて、未上場企業の上場を実現させる手法で、SGXメインボードの上場マニュアルに定められている(チャプター10、パートVIII)。

※3 Chaswood Resources Holdings社:
企業名:CHASWOOD RESOURCES HOLDINGS LTD.
住所:Lot 242, 2nd Floor, The Curve 6 Jalan PJU 7/3 Mutiara Damansara
Petaling Jaya, 47800 Malaysia
代表者:Andrew Roach Reddy, Managing Director/Executive Director
SGX証券コード:5TW
Webサイト:www.chaswood.com.my

一覧に戻る