Our Business / 事業内容

Our Vision

3DOMが想像する未来

3DOMが想像する未来

ブレイクスルーテクノロジーでEnergy Infrastructureのプラットフォームを作る

3DOMは業界をリードする先進的なバッテリー技術を中核に据え、独創的なビジネスモデルを展開することで、世界が抱える様々な課題を解決に貢献し、持続可能な社会の構築を目指します。技術を磨き、多機能化を追い求めても、シンプルな物販型のビジネスモデルでは、これからの時代は生き抜けないことを数多くの前例が証明しています。次なる新しい産業を確立するには、高い技術力に加え、それを効果化的に活用する独自のビジネスモデルが必要であり、3DOMはその主軸となって世界の市場に挑む決意です。

Our Approach

Our Approach
第一歩として成し遂げたいことは、次世代交通インフラの電動化に関連したサービスの展開です。 3DOMバッテリーの技術及び3DOMビジネスモデルの優位性は電動化シフトが加速しているモビリティ市場において発揮できるからです。来たる完全自動運転化時代を見据え、戦略的に選んだ市場でパートナーとともに成長したいと考えています。

LAVLE Holdings, Inc.(米国 ワシントン州アナコルテス)

3DOMの先進的バッテリー技術を取り入れ、北米での船舶及びオイルガス市場における電動化を推進し、電動化のためのトータルソリューションを提供いたします。
詳細は、LAVLE Holdings, Inc.のホームページをご覧ください。


3DOM(ASIA)CO., LTD.(タイ バンコク)

3DOMの革新的バッテリーをアジア諸国のEVメーカー等に供給することを目的として設立され、2018年4月にタイの投資推奨委員会(BOI)の認証取得を完了し、同年10月より本格稼働いたします。
詳細は、3DOM (ASIA) CO., LTD.のホームページをご覧ください。


Our Heritage

3DOMはもともと、首都大学東京の金村聖志教授とともに、LIB(リチウムイオン電池)やリチウム金属電池の劣化原因の大きな要因となるデンドライトの抑制を目的に、セパレータの研究開発を行ってきた大学発ベンチャーです。開発された3DOMセパレータは耐熱性の高いポリイミド樹脂を基材とし、3次元的かつ規則的に連結した球状の空孔構造をもつため、均一な電流分布を実現し、デンドライト発生の抑制に貢献しています。
その結果、蓄電池の寿命を飛躍的に向上させ、実現が難しいと言われてきた高エネルギー密度のリチウム金属電池の実用化も現実的となってきました。この技術は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)よりバッテリーのブレイクスルーテクノロジーとして認められ、有望技術の実用化を目的としたフェーズDに採択されています。


首都大学東京

金村聖志教授