News / ニュース

2022年08月18日
ニュースイッチでバイネックスに関する記事が掲載されました。

2022年8月18日-日刊工業新聞のWebサイト「ニュースイッチ」で、バイネックスの事業に関する記事が掲載されました。バイネックスソルガムとバイオ燃料への活用方法について記載されています。

掲載:ニュースイッチ
“【ディープテックを追え】「ソルガム」をバイオ燃料に。食料とCO2回収も狙う”
URL:https://newswitch.jp/p/33379

2022年07月14日
3DOM (Singapore) Pte. Ltd. が米国NASDAQ市場におけるSPACとLOI締結

当社の子会社である3DOM (Singapore) Pte. Ltd.(本社:シンガポール)は7月11日、米国NASDAQにおいてSPAC(Special Purpose Acquisition Company:特別買収目的会社)とのLOI(基本合意書)を締結しました。詳細につきましては、公表の準備が整い次第ご案内いたします。

当社は引き続き上場に向けての準備を進め、企業価値向上に向けて努力してまいります。

2022年06月27日
役員人事のお知らせ

株式会社スリーダムアライアンス(本社:東京都港区、代表取締役社長:松村 正大)は、2022年6月24日に開催された第9期定時株主総会において取締役の選任案が承認されましたので、お知らせいたします。

 

■2022 年 6 月 24 日付
(1)新任

氏名 役職
竹中 平蔵 取締役
古澤 満宏 取締役
飯塚 洋 取締役
松村 昭彦 取締役

 

(2)辞任

氏名 旧役職
金村 聖志 取締役(2022年3月末日付)
今井 光 取締役会長

※金村はCTO(最高技術責任者)として当社に在籍

2022年06月27日
社名変更および本社移転のお知らせ

株式会社スリーダム(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:松村 正大)は、2022年6月24日付で社名を「株式会社スリーダムアライアンス」へ変更するとともに、本社を移転いたしました。

【社名変更】
当社は2014年に設立し、3DOMセパレータ・次世代バッテリ・燃料電池の研究開発を行ってまいりましたが、今後は電池事業に限らずITとカーボンクレジットとエネルギーを融合したビジネスモデルへの転換を図るべく、第三者との広汎な連携を行い、企業価値を高めていく企業体とすることを企図しております。この点を明確にするために、株式会社スリーダムから、株式会社スリーダムアライアンスへ社名を変更いたしました。

【本社移転】
株式会社スリーダムアライアンス及び上場に向けて準備を進めている各子会社の機能や目的に沿ったフォーメーションの見直しにあたり、コーポレート機能が東京オフィスに集約している現状に合わせ、本社を現在の新子安事務所から東京オフィスに移転いたしました。

新商号 株式会社スリーダムアライアンス(英文表記:3DOM Alliance Inc.)
新住所 東京都港区赤坂1丁目7番1号赤坂榎坂ビル8階
変更日 2022年6月24日

当社は今後も引き続き、危機的状況にある環境問題を真に解決し、夢と希望にあふれる未来を創造するために知恵と勇気と技術をもって立ち向かう活動を通じて、継続的な企業価値の向上を実現してまいります。

2022年06月15日
シンガポール上場企業であるReenova Investment社と逆買収を前提とした株式売買契約を解約

~米国NASDAQ市場でのSPAC上場を検討~

株式会社スリーダム(本社:神奈川県横浜市神奈川区)は、Reenova Investment Holding Limited社(本社:シンガポール)と3DOM (Singapore) Pte. Ltd.(本社:シンガポール)の逆買収を前提とした株式売買契約の履行を進めていましたが、今回、同契約を解約することで合意しました。

これを受け、3DOM (Singapore) Pte. Ltd.は米国NASDAQにおいて従来より強い要請を受けていたSPAC(Special Purpose Acquisition Company:特別買収目的会社)による上場を目指すことといたしました。

当社は引き続き、企業価値向上に向けて努力してまいります。

2022年06月08日
シンガポール新聞でバイネックスに関する記事が掲載されました。

2022年6月7日 –シンガポール新聞に、バイネックスのシンガポール子会社が、シンガポール法人のHop2it Holdings Pte Ltd.と東豪州で合計5万ヘクタール規模の農地でソルガム残渣を活用したバイオ燃料の製造や二酸化炭素吸収・削減に取り組むことで基本合意したことが記事掲載されました

掲載:シンガポール新聞
“バイネックス、シンガポール子会社とHop2it社が東豪州でのソルガム事業で協業”
URL:https://singaporeshimbun.com/?p=21344

2022年05月30日
バイネックス、シンガポール子会社とHop2it社が東オーストラリアでの協業につき基本合意締結

バイネックス株式会社(本社:東京都港区赤坂、代表取締役:青木宏道 以下バイネックス)のシンガポール子会社 BINEX Singapore Pte Ltd.(本社:シンガポール、代表取締役:Andrew Au 以下BSG)はHop2it Holdings Pte Ltd.(本社:シンガポール、代表取締役:Gregory Hannan 以下Hop2it)と東オーストラリアにおいて合計5万ヘクタール規模の農地でソルガム残渣を活用してバイオ燃料の製造や二酸化炭素吸収・削減への取り組みにつき基本合意致しました。

Hop2itはオーストラリアの運営会社を通じて、オーストラリア、パプアニューギニア、フィジーの提携農家と共に幅広く二酸化炭素の吸収・削減事業に取り組んでいる企業です。今回、BSGとHop2itは東オーストラリア クイーンズランド州において協働して以下の事業に取り組むことになります。

① 最大5万ヘクタールのソルガム用農地の確保
② 約45万ヘクタールの既存ソルガム農地の農業残渣の活用とバイオ燃料製造に最適化したソルガム種への転換
③ 食料としてのソルガム子実の栽培・供給、ソルガム残渣を原料とする持続可能なバイオ燃料(バイオペレット等)の生産・供給

今回の基本合意締結について、バイネックス代表取締役の青木宏道は、次のように述べています。
「オーストラリアで長年二酸化炭素削減とグリーンセクター事業に携わってきたHop2itのネットワークを活かして大規模なソルガム農地や残渣を確保できる機会を得られることは大きな喜びです。バイネックスのソルガム栽培のノウハウと、ペレットやメタノール等のバイオマス燃料製造技術を組み合わせることによって地球環境改善に向けてまた一歩大きく前進することになりました。」

また、HOP2ITグループ会長のGregory P.E. Hannanは、次のように述べています。
「私たちはバイネックス/ BSGの専門家チームと協力できることを嬉しく思います。当社経営陣はバイネックス/BSGと提携し、ソルガム栽培、ペレット化、二酸化炭素削減プロジェクトに付加価値を与え、より環境に優しい世界を創造することができる機会に興奮しています。」と述べています。

バイネックスはこれらの活動を通し、地球の二酸化炭素削減に真に取り組んでいきます。

 

バイネックス株式会社
バイネックスは食糧問題、環境問題、エネルギー問題に真に取り組む、バイオ燃料のバリューチェーン構築を目指す企業です。生育時に大量の二酸化炭素を吸収固定化する植物であるソルガムの育種開発・栽培、ソルガム子実の食料供給、葉や茎といった残渣を原料とするバイオメタノールの製造・供給に加え、バイオメタノールを水素キャリアとする燃料電池や半導体製造、内燃機関向け燃料、石油化学向け原料代替等の用途開発を行っています。
URL:https://binex.jp/

2022年05月26日
シンガポール新聞にSrivaru MotorsとのMOU締結に関する記事が掲載されました。

2022年5月23日 –電動バイクメーカーのSrivaru Motors社と先端リチウムイオンバッテリ提供およびBMS開発を目的とした戦略的パートナーシップに関するMOUの締結に関する記事が掲載されました。

掲載:シンガポール新聞
“スリーダムとシンガポール子会社、インドの電動バイクメーカーとMOU締結”
URL:https://singaporeshimbun.com/?p=21098

2022年05月23日
電動バイクメーカーのSrivaru Motors社と先端リチウムイオンバッテリ提供およびBMS開発を目的とした戦略的パートナーシップに関するMOUを締結

株式会社スリーダム(以下、3DOM)およびその子会社である3DOM (Singapore) Pte. Ltd.(以下、3DOM SG)は、2022年3月にインドの電動バイクメーカーであるSrivaru Motors Private Limited(以下、SVM)と、SVMの電動バイクに3DOMの先端リチウムイオンバッテリを搭載するとともに、バッテリ・マネジメントシステム(以下、BMS)を共同で開発することを目的とした戦略的パートナーシップに関する覚書(以下、MOU)を締結しました。

3DOM SGは、2023年に2.2MWh、2024年に3.25MWh、2025年に14MWh相当の3DOMバッテリセルの供給を目指します。また、3社はSVMの電動バイクに向けたBMS開発に向けても協業していきます。SVMは、3DOMバッテリセルと共同開発したBMSをバッテリパックに組み込み、高性能バイクに搭載します。また、バッテリや走行に関するデータを3社で共有し、製品・サービスの向上にも活用していきます。

SVMは、先ずは政府推奨による二輪車の電動化ニーズが急速に高まっているインド市場から、3DOMバッテリと共同開発したBMSを搭載した電動バイクを販売していきます。今回のMOU締結について、SVM CEOのMohanraj Ramasamyは「インドのお客様は、主要な移動手段として二輪車を利用されています。インドの二輪車市場規模は大きく、成長を続けており、インドの二輪車市場規模は、10年以内に年間3,000万台を超えると予想されています。そのために、管理された環境だけでなく、あらゆる条件下での安全性を確保することが不可欠です。このMOUは、SVMのミッションである『速く、楽しく、安全な』ビークルの実現に役立ちます。」と述べています。

また、3DOM SG取締役CEOのDaniel Gohは「インドでは、安全で高品質な電池の普及が急務であると認識しています。3DOMグループとSVMは、現地市場に最適化されたクリーンなソリューションを生み出すという点で共通しており、今回のMOUが、モビリティから将来的に再生可能エネルギー貯蔵のプロジェクトへと広がる可能性がある強力なパートナーシップの始まりとなることを期待しております。」と述べています。

 
※Srivaru Motors Private Limitedについて

SVMは、クラス最高の走りを実現するモーターサイクルを作ることをミッションに、インドでスタートアップ事業を立ち上げました。SVMの創業メンバーは、テスラ出身です。SVMは、最初の製品であるPranaを市場に投入しており、Prana-eliteの開発にも取り組んでいます。今回のMOUにより、SVMは、通勤手段としてPranaに頼る顧客のために、信頼性の高いバッテリを提供することが可能となります。企業の詳細については、https://srivarumotors.com/をご覧ください。

2022年05月16日
日経産業新聞にバイネックスに関する記事が掲載されました。 「バイオ燃料ソルガムに熱視線」

2022年5月16日 –日経産業新聞に、バイオ燃料向けソルガムの栽培参入企業としてバイネックスが紹介されました。

掲載:日経産業新聞
“バイオ燃料「ソルガム」に熱視線 出光・イーレックス、栽培に参入”
バイネックスは今年1月よりペルーで試験栽培を開始、現地の農業法人と組んで本格生産に入ります。