News / ニュース

2021年12月02日
スリーダムがG8と業務提携、出資、および株式交換に関する取引契約を締結

株式会社スリーダム(以下、「スリーダム」)は、2021年12月2日にG8 SUBSEA PTE. LTD.(以下、「G8」)と業務提携、出資、および株式交換に関する取引契約(以下、「本契約」)を締結しました。本業務提携により、スリーダムの100%子会社である3DOM (Singapore) Pte. Ltd.(以下、「3DOM SG」)は、G8が推進する全ての風力発電、太陽光発電、および水力発電プロジェクト向けの電池や定置用蓄電システムの主要サプライヤーになります。これによりG8は、より効率的で経済的な蓄電を可能にする信頼性が高く長寿命な電池を活用できることになります。

本契約の諸条件を前提とすると、スリーダムが上場前に、企業価値2億米ドルのG8に対し、その5%に相当する1千万米ドルを上限として出資することになっています。さらに、3DOM SGとG8は相互に新規株式を発行する株式交換を行うことにより、3DOM SGはG8の拡大発行済株式資本の24%を取得し、G8は3DOM SGの拡大発行済株式資本の8%を取得することになります。

電池の供給に加え、3DOM SGは電池の1次利用および2次利用における適切な分配と電池の状態の監視を行う技術とシステムを提供することになっています。さらに、3DOM SGとG8は、風力・太陽光・水力発電に加え、バイオマス・ペレットを活用したクリーンな火力発電を含めた再生可能エネルギー発電という新たな事業機会を協働して開拓します。

また両社は、再生可能エネルギーと合わせて電動商用車をリースあるいはサブスクリプションで提供する二酸化炭素排出ゼロを実現した運送業者向けサービスなど、電動モビリティに関する事業を協働して開拓します。

3DOM SG代表取締役CEOの小黒秀祐は次のように述べています。
「3DOMとG8は強い相乗効果を持っています。G8のシンガポールおよびアジアにおける再生可能エネルギー貯蔵用として、我々の先端リチウムイオン電池を供給する機会が得られることを嬉しく思います。3DOMとG8が描く将来はとても近いものであり、両社の強みを生かしながら、この提携があるからこそ可能になる環境にやさしい発電および輸送に係る事業機会を一緒に探っていかれることを喜んでいます。」

G8創業者兼マネージング・ディレクターのジェラルド・タンは次のように述べています。
「私たちは、3DOMとのこの技術、事業の協働を心から喜んでいます。 これにより、当社グループは3DOMの画期的なバッテリー技術を使用したクリーンなエネルギー貯蔵で、世界をリードするソリューションを提供できます。G8は、3DOMのバッテリーと燃料電池システムを統合して、商用および公益事業の顧客に完全かつ長寿命のエネルギー貯蔵ソリューションを提供できるようになります。」

株式会社スリーダムについて
株式会社スリーダムは、先端のリチウムイオン電池や次世代電池、燃料電池などの技術の研究開発および、その技術の環境や社会への影響を最大化にするための革新的なビジネスモデルを構築することで、危機的な状況にある環境問題を真に解決することを目指します。

3DOM (Singapore) Pte. Ltd.について
3DOM (Singapore) Pte. Ltd.は、株式会社スリーダムの完全子会社であり、株式会社スリーダムが開発したリチウムイオン電池の製造販売を担うとともに、その電池の特長である長寿命性や信頼性などを生かし、電化の持続可能性を増大させる循環型ビジネスモデルを提案します。

G8 SUBSEA PTE. LTD.について
G8は、世界中で再生可能エネルギープロジェクトを開発し建設しています。シンガポールに本社を置くこのグループは、現在アジアで開発中の2.5GWを超える再生可能エネルギーおよび海底送電プロジェクトを持っています。同社は、アジアを代表する海中エンジニアリング・ソリューション・プロバイダーであり、独自のエンジニアリング技術を使用して、地域全体で洋上風力発電所と大規模な浮遊太陽光発電開発を加速しています。

2021年11月20日
Binexとシンガポール上場企業であるSinjia Land社、逆買収を前提とした法的拘束力を伴わないタームシートを締結

株式会社バイネックス(本社:東京都港区、以下、「BINEX」)は、2021年11月19日(金)にシンガポール取引所(以下、「SGX」)カタリストの上場企業であるSinjia Land Limited※1 (本社:シンガポール、以下、「シンジア」)に対して、BINEXの子会社であるBinex Singapore (Pte. Ltd.)(本社:シンガポール、以下、「BSG」)の全ての発行済株式を譲渡(以下、「本買収」)するために、シンジアと法的拘束力のないタームシートを締結しました。本買収は、BSGによるシンジアの逆買収(Reverse Takeover)※2 を前提としており、本買収及びその後の手続きを通じてBSGをSGXカタリストに上場させることにより、BSGのプレゼンス向上に寄与すると共に、同市場からの資金調達を実現することを目的とします。
シンジアは、第三者機関の評価に基づくBSGの評価に基づくBSGの企業価値の80%の対価で、BSGの全ての発行済株式を取得することになっています。また、BSGの譲渡対価が20億シンガポールドルを下回らないことが、本買収を実行するための条件の一つとされています。
BINEXは、本買収の対価として、シンジアが新たに発行する株式を1株当たり0.35シンガポールドルで引き受けることになります。
詳細は、2021年11月19日に発表されたシンジアのリリースをご覧ください。

※1 Sinjia Land社:
企業名:Sinjia Land Limited
代表者:Cheong Weixiong, Executive Director/Group Chief Executive Officer
SGX証券コード:5HH
Webサイト:www.sinjl.com

※2 逆買収(Reverse Take Over):
未上場企業が上場企業による買収・合併を通じて、未上場企業の上場を実現させる手法で、シンガポール証券取引所のカタリスト市場の上場マニュアルに定められている(リスティングマニュアル・セクションB・チャプター10)。

2021年11月19日
The Edge Singaporeにスリーダムの事業及び逆買収を前提としたタームシート締結に関する記事が掲載されました

2021年11月18日 – The Edge Singaporeに弊社の事業活動及びReenova Investment社のリバーステイクオーバー(逆買収)を前提とした拘束力を伴わないタームシート締結に関する記事が掲載されました。

掲載ウェブサイト:The Edge Singapore
リチウムイオン電池メーカーの3DOMが通信市場に参入、Reenova社とのRTOを準備中
URL:https://www.theedgesingapore.com/news/ma/lithium-ion-battery-maker-3dom-eyes-telecoms-market-readies-rto-deal-reenova

2021年11月18日
シンガポール上場企業であるReenova Investment社と、逆買収を前提とした法的拘束力を伴わないタームシートを締結

 株式会社スリーダム(本社:神奈川県横浜市神奈川区、以下、「3DOM」)は、2021年11月16日(火)にシンガポール取引所(以下、「SGX」)メインボードの上場企業であるReenova Investment Holding Limited社※1(本社:シンガポール、以下、「リーノヴァ」)に対して、3DOMの完全子会社であるスリーダム シンガポール社(本社:シンガポール、以下、3PL)の全ての発行済株式を譲渡(以下、本買収)するために、リーノヴァと法的拘束力のないタームシートを締結しました。本買収は、3PLによるリーノヴァの逆買収(Reverse Takeover)※2 を前提としており、本買収及びその後の手続を通じて3PLをSGXメインボードに上場させることにより、3PLのプレゼンス向上に寄与すると共に、同市場からの資金調達を実現することを目的とします。
 リーノヴァは、第三者機関の評価に基づく3PLの企業価値の75%から80%の間の価格で、3PLの全ての発行済株式を取得することになっています。また、3PLの譲渡対価が10億米ドル(約13.6億シンガポールドル相当)を下回らないことが、本買収を実行するための条件の一つとされています。
 3DOMは、本買収の対価として、リーノヴァが新たに発行する株式を1株当たり0.0075シンガポールドルで引き受けることになります。
 詳細は、2021年11月17日に発表されたリーノヴァのリリースをご覧ください。

 3DOMは、2021年8月19日にChaswood Resources Holdings Ltd.社※3(本社:マレーシア、以下、「チャスウッド」)と同社による3PLの買収に関するタームシートを取り交わし、さらに2021年11月5日に同社と株式売買契約(Sale and Purchase Agreement、以下、「SPA」)および転換権付融資契約(Convertible Loan Agreement、以下、「CLA」)を締結しました。しかし、その後の交渉の過程で買収に関する考え方やアプローチの違いが判明したため、2021年11月15日にSPA および CLA を解約することで合意に至りました。
 詳細は、2021年11月15日に発表されたチャスウッドのリリースをご覧ください。

※1 Reenova Investment社:
企業名:Reenova Investment Holding Limited
住所:60 Paya Lebar Road #10-16 Paya Lebar Square Singapore 409051
代表者:Chen Tong, Executive Chairman
SGX証券コード:5EC
Webサイト:www.reenovagroup.com

※2 逆買収(Reverse Take Over):
上場企業による未上場企業の買収・合併を通じて、未上場企業の上場を実現させる手法で、SGXメインボードの上場マニュアルに定められている(チャプター10、パートVIII)。

※3 Chaswood Resources Holdings社:
企業名:CHASWOOD RESOURCES HOLDINGS LTD.
住所:Lot 242, 2nd Floor, The Curve 6 Jalan PJU 7/3 Mutiara Damansara
Petaling Jaya, 47800 Malaysia
代表者:Andrew Roach Reddy, Managing Director/Executive Director
SGX証券コード:5TW
Webサイト:www.chaswood.com.my

2021年09月08日
fabcrossにスリーダム リチウムイオン電池開発についての記事が掲載されました。

2021年9月7日 – fabcrossに弊社リチウムイオン電池開発についての記事が掲載されました。

掲載ウェブサイト: fabcross forエンジニア

【第1回】
リチウムイオン電池とEVとの関係とは?
[脱炭素社会の主役、リチウムイオン電池開発の最新事情]
URL:https://engineer.fabcross.jp/archeive/210831_science-based-targets1.html

【第2回】
EVとリチウムイオン電池が普及するための仕掛けと技術的要件とは
[脱炭素社会の主役、リチウムイオン電池開発の最新事情]
URL:https://engineer.fabcross.jp/archeive/210902_science-based-targets2.html

【第3回】
次世代型リチウムイオン電池とブロックチェーン技術による電池生涯寿命の管理
[脱炭素社会の主役、リチウムイオン電池開発の最新事情]
URL:https://engineer.fabcross.jp/archeive/210907_science-based-targets3.html

2021年08月23日
シンガポール上場企業であるChaswood社と、逆買収を前提とした法的拘束力を伴わないタームシートを締結

株式会社スリーダム(本社:神奈川県横浜市神奈川区、以下、3DOM)は、Chaswood Resources Holdings Ltd.社※1(本社:マレーシア、以下、チャスウッド)が当社子会社のスリーダム シンガポール社(本社:シンガポール、以下、3PL)のすべての発行済株式を取得するために、チャスウッド社と法的拘束力のないタームシートを2021年8月19日(木)に締結しました。今回の買収は、上場企業の逆買収(Reverse Takeover、以下、リバーステイクオーバ―) ※2を前提としており、 3PLのプレゼンス向上に寄与すると共に、カタリスト市場からの資金調達を実現することを目的とします。
チャスウッドは、チャスウッドが選任する独立した鑑定人による3PLの企業価値の70%で、3PLの100%の株式を取得することになっています。また、かかる企業価値の70%は、10億米ドルを下回らないという条件で合意しています。

対価として合意された3DOMが取得するチャスウッドの株式の発行価格は一株当たり0.028米ドルとなります。

詳細は、2021年8月19日に発表されたチャスウッド社のリリースをご覧ください。

 

※1 CHASWOOD社(CHASWOOD RESOURCES HOLDINGS LTD.):
企業名:CHASWOOD RESOURCES HOLDINGS LTD.
住所:Lot 242, 2nd Floor, The Curve 6 Jalan PJU 7/3 Mutiara Damansara Petaling Jaya, 47800 Malaysia
資本金:USD5.8mil 相当
代表者:Andrew Roach Reddy Managing Director/Executive Director
Webサイト:www.chaswood.com.my

※2 逆買収(Reverse Take Over):
未上場企業が上場企業による買収・合併を通じて、未上場企業の上場を実現させる手法で、シンガポール証券取引所のカタリスト市場の上場マニュアルに定められている(リスティングマニュアル・セクションB・チャプター10)。

2021年07月16日
カウラ参画 EV電池残存価値診断技術を用いた試験に関しBACEコンソーシアム発表

2021年7月16日 –~多種類のEV電池を短時間で診断 中古EVおよび中古EV電池の循環市場形成と脱炭素化に貢献~

カウラが参画したEV電池残存価値診断技術を用いた試験実施に関するリリースをBACEコンソーシアムが発信しました。

掲載ウェブサイト: 日本総研
EV電池の残存価値診断技術の試験実施について
URL:https://www.jri.co.jp/page.jsp?id=39136

Kaula サイトはこちら