News / ニュース

2022年05月26日
シンガポール新聞にSrivaru MotorsとのMOU締結に関する記事が掲載されました。

2022年5月23日 –電動バイクメーカーのSrivaru Motors社と先端リチウムイオンバッテリ提供およびBMS開発を目的とした戦略的パートナーシップに関するMOUの締結に関する記事が掲載されました。

掲載:シンガポール新聞
“スリーダムとシンガポール子会社、インドの電動バイクメーカーとMOU締結”
URL:https://singaporeshimbun.com/?p=21098

2022年05月23日
電動バイクメーカーのSrivaru Motors社と先端リチウムイオンバッテリ提供およびBMS開発を目的とした戦略的パートナーシップに関するMOUを締結

株式会社スリーダム(以下、3DOM)およびその子会社である3DOM (Singapore) Pte. Ltd.(以下、3DOM SG)は、2022年3月にインドの電動バイクメーカーであるSrivaru Motors Private Limited(以下、SVM)と、SVMの電動バイクに3DOMの先端リチウムイオンバッテリを搭載するとともに、バッテリ・マネジメントシステム(以下、BMS)を共同で開発することを目的とした戦略的パートナーシップに関する覚書(以下、MOU)を締結しました。

3DOM SGは、2023年に2.2MWh、2024年に3.25MWh、2025年に14MWh相当の3DOMバッテリセルの供給を目指します。また、3社はSVMの電動バイクに向けたBMS開発に向けても協業していきます。SVMは、3DOMバッテリセルと共同開発したBMSをバッテリパックに組み込み、高性能バイクに搭載します。また、バッテリや走行に関するデータを3社で共有し、製品・サービスの向上にも活用していきます。

SVMは、先ずは政府推奨による二輪車の電動化ニーズが急速に高まっているインド市場から、3DOMバッテリと共同開発したBMSを搭載した電動バイクを販売していきます。今回のMOU締結について、SVM CEOのMohanraj Ramasamyは「インドのお客様は、主要な移動手段として二輪車を利用されています。インドの二輪車市場規模は大きく、成長を続けており、インドの二輪車市場規模は、10年以内に年間3,000万台を超えると予想されています。そのために、管理された環境だけでなく、あらゆる条件下での安全性を確保することが不可欠です。このMOUは、SVMのミッションである『速く、楽しく、安全な』ビークルの実現に役立ちます。」と述べています。

また、3DOM SG取締役CEOのDaniel Gohは「インドでは、安全で高品質な電池の普及が急務であると認識しています。3DOMグループとSVMは、現地市場に最適化されたクリーンなソリューションを生み出すという点で共通しており、今回のMOUが、モビリティから将来的に再生可能エネルギー貯蔵のプロジェクトへと広がる可能性がある強力なパートナーシップの始まりとなることを期待しております。」と述べています。

 
※Srivaru Motors Private Limitedについて

SVMは、クラス最高の走りを実現するモーターサイクルを作ることをミッションに、インドでスタートアップ事業を立ち上げました。SVMの創業メンバーは、テスラ出身です。SVMは、最初の製品であるPranaを市場に投入しており、Prana-eliteの開発にも取り組んでいます。今回のMOUにより、SVMは、通勤手段としてPranaに頼る顧客のために、信頼性の高いバッテリを提供することが可能となります。企業の詳細については、https://srivarumotors.com/をご覧ください。

2022年05月16日
日経産業新聞にバイネックスに関する記事が掲載されました。 「バイオ燃料ソルガムに熱視線」

2022年5月16日 –日経産業新聞に、バイオ燃料向けソルガムの栽培参入企業としてバイネックスが紹介されました。

掲載:日経産業新聞
“バイオ燃料「ソルガム」に熱視線 出光・イーレックス、栽培に参入”
バイネックスは今年1月よりペルーで試験栽培を開始、現地の農業法人と組んで本格生産に入ります。

2022年05月11日
3DOMシンガポールがSingapore Battery Consortiumに加盟しました

3DOMシンガポールは、Singapore Battery Consortiumに加盟しました。当コンソーシアムを通じて、シンガポールのバッテリー産業における官民の関係者と関係を構築し、当社の技術および事業を推進するための新たな機会を模索していきます。

 
※Singapore Battery Consortiumについて

Singapore Battery Consortium(SBC)は、National Research Foundation Singapore(NRF)の支援を受け、A*STARのInstitute of Materials Research and Engineering(IMRE)に拠点を置くイニシアチブです。2019年11月に発足したSBCは、公的研究実行者と業界関係者間の戦略的研究開発パートナーシップを促進することを目的とし、イノベーション主導の官民パートナーシップを通じて、バッテリー関連技術の成長と転換に影響を与える地域の主要プラットフォームとなるよう努めています。SBCは、シンガポールをバッテリー関連技術における権威ある国とし、民間企業、公的関係者、研究者が集まってイノベーションを起こす場とすることを目指します。https://www.batteryconsortium.sg/

2022年04月28日
バイネックスがジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)2022で優秀賞を受賞

バイネックス株式会社(本社:東京都港区赤坂、代表取締役:青木 宏道、以下、バイネックス)は一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会(所在地:東京都千代田区、会長:広瀬道明 東京ガス会長、以下レジリエンス協議会)が主催する第8回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)2022優秀賞を受賞しました。
レジリエンス協議会は2014年6月の「国土強靱化基本計画」の閣議決定に基づき民間の叡智を結集して国土強靱化の推進を図ることを目的に、次世代に向けたレジリエンス社会を構築するために企業・団体が全国各地で展開している“強靱化(レジリエンス)”に関する先進的な活動を発掘・評価し、表彰しています。
今回、地域や環境に寄り添った弊社の取り組みが評価され、100社を超える企業・団体のエントリーの中から栄えある「優秀賞」を受賞することができました。

詳細は以下のレジリエンス協議会ホームページでもご確認いただけます。
「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)」
URL:https://onl.bz/vczqwKd

バイネックス 代表取締役 青木宏道のコメント
「バイネックスはペルーにおける本格栽培に先んじて、福島県の契約圃場で日本の気候・土壌で立派に育つソルガム栽培を手掛け、実の部分を食料・飼料にしつつ、茎や葉と言った残渣を利用したバイオマスペレットやバイオマスメタノール等のクリーンエネルギー開発を行っています。こうした食料とエネルギーの地産地消を通じた国家安全保障や地球温暖化対策、地域社会振興への取組がレジリエンス協議会に高く評価され、第8回強靭化大賞の優秀賞を賜ったことはこの上ない喜びです。これを励みに国土の強靭化とSDGsへの取組を一層加速して行きたいと思います。」

左:レジリエンス協議会 広瀬会長(東京ガス会長)、右:バイネックス 青木代表取締役

バイネックスは今後も「環境問題、食糧問題、エネルギー問題を真に解決し、環境と人類・生物が共存する新しい未来を作る」というビジョンを実現するため、事業に取り組んで参ります。

 

バイネックス株式会社
バイネックスは食糧問題、環境問題、エネルギー問題に真に取り組む、バイオ燃料のバリューチェーン構築を目指す企業です。生育時に大量の二酸化炭素を吸収固定化する植物であるソルガムの育種開発・栽培、ソルガム子実の食料供給、葉や茎といった残渣を原料とするバイオメタノールの製造・供給に加え、バイオメタノールを水素キャリアとする燃料電池や半導体製造、内燃機関向け燃料、石油化学向け原料代替等の用途開発を行っています。
URL:https://binex.jp/

2022年04月25日
電動商用車メーカーのEv Dynamics社と先端リチウムイオンバッテリ提供を目的とした戦略的パートナーシップに関するMOUを締結

株式会社スリーダム(以下、「3DOM」)およびその子会社である3DOM (Singapore) Pte. Ltd.(以下、「3DOM SG」)は、2022年4月に電動商用車メーカーのEv Dynamics (Holdings) Ltd.(以下、「EVD」)と、EVDが製造するバスなどの商用車に3DOMの先端リチウムイオンバッテリを搭載することを目的とした戦略的パートナーシップに関する覚書(以下、「MOU」)を締結しました。

3DOM SGは、2023年に0.35MWh、2024年に10MWh、2025年に100MWh相当の3DOMバッテリをEVDに供給する予定です。一方EVDは、3DOMバッテリを搭載した電動商用車や標準化した車台(プラットフォーム)を製造し、全世界に販売していきます。さらに3社は、バッテリや走行に関するデータを共有し活用することで、製品やサービスの改善を図っていきます。

またEVDの電動商用車は、3DOMが新規に設立する関連会社を通じて展開予定の世界初※1の「カーボンニュートラル商用車フリートサービス」に使用される予定です。本サービスは、利用時にクリーン電力を用いるのはもとより、バッテリや車両を製造する際に排出される二酸化炭素をオフセットするためのカーボンクレジット※2を付与することで、製造時も含めた完全カーボンニュートラルを実現していきます。

3DOM SG代表取締役の小黒秀祐は次のように述べています。

「今回のMOU締結により、当社の高信頼性・長寿命バッテリが、自動車電動化の中でも有望な市場の一つであるバスなどの商用車フリートへの適用を実証できると期待しています。EVDと協同し電動商用車の導入を妨げる障壁を取り除き、真に持続可能なフリートソリューションの展開に取り組んでいきます。」

EVD会長の張韌は次のように述べています。

「当社のミッションは、ゼロエミッションの公共交通機関とラストワンマイル配送ソリューションの世界的な変革リーダーとなることです。電気自動車市場の差し迫った懸念に対応できる長寿命と高い信頼性を持つ3DOMバッテリと当社の画期的な新エネルギー車(NEV)向けeプラットフォームを組み合わせ、当社グローバルネットワークにある自動車メーカーや販売会社がそれぞれの地域市場で規制や開発コストのハードルを克服できるよう支援していきます。」

EV Dynamics (Holdings) Ltd.について

Ev Dynamicsは、商業用および公共交通用の新エネルギー車(NEV)およびOEMソリューションの開発・製造における世界的なリーディングカンパニーです。あらゆる種類のNEVの迅速な市場投入をサポートする画期的なB2B OEM eプラットフォーム車台を有しています。香港の本社、中国の最先端製造施設、世界各地に配置された経営幹部に加えて、北南米、欧州、東南アジアでグローバルなプレゼンスを拡大しています。世界中の顧客と販売業者への出荷も拡大しており、2つ目の大規模工場の完成後、年間23,000台の総生産能力を持つことになります。https://evdynamics.com/

 

※1 当社調べ
※2 3DOMの子会社であるバイネックス株式会社は、生育が早く二酸化炭素を大量に吸収しその一部を根に固定化するソルガムの栽培しておりカーボンクレジットを生み出す。

2022年04月14日
Reenovaによる株式取引再開提案の提出期間延長申請に関する発表についてのコメント

2022年4月11日に、Reenova Investment Holdings Limited(以下、Reenova)は、Singapore Exchange Regulation Pte. Ltd. (以下、SGX RegCo)に対して、シンガポール証券取引所メインボードにおける同社株式の取引再開を目指した提案について提出期間の延長申請をしたことを公表しました。その理由は、EY Corporate Advisors Pte. Ltd.(以下、EYCA)による3DOM(Singapore)Pte. Ltd.(以下、対象会社)の評価報告書において評価される事業範囲に関する検討のため、評価作業が延長されたことによるものです。
SGX RegCoは、Reenovaに対し、対象会社の発行済株式の譲渡(以下、本買収)及び逆買収(RTO)、そして2022年7月31日までの同社株式の取引再開に関する提出期限を、メインボード上場規則1304(1)に基づき、2022年7月31日までに延長することに異議がないことを通知しました。

詳細は、2022年4月11日に発表されたReenovaのリリースをご覧ください。

当社は引き続きReenova社と協力し、本買収の早期完了に向けて取り組んでまいります。

2022年04月08日
江西吉利新能源商用車有限公司と新型電動商用車向けバッテリ開発に関する戦略的パートナーシップに向けた覚書締結に関する記事が掲載されました

先日締結された江西吉利新能源商用車有限公司との新型電動商用車向けバッテリ開発に関する戦略的パートナーシップに向けた覚書(MOU)および3DOMグループによるカーボンニュートラル商用車フリートサービスの展開に関する記事が以下の主要メディアに掲載されました。

Reuters
中国吉利汽車と日系新興企業が電池で提携、日本で商用EVサービス
URL:https://onl.bz/r5wt6EP

日本経済新聞
電池新興のスリーダム、中国・吉利系と商用EV電池で提携
URL:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC077AW0X00C22A4000000/

The Edge Singapore
3DOM leverages RTO entities to create world’s first carbon-neutral commercial vehicle fleet service
URL:https://www.theedgesingapore.com/news/sustainability/3dom-leverages-rto-entities-create-worlds-first-carbon-neutral-commercial

2022年04月07日
吉利新能源商用車集団傘下の江西吉利新能源商用車有限公司と新型電動商用車向けバッテリ開発に関する戦略的パートナーシップに向けた覚書を締結

~3DOMの関連会社が新型電動商用車を活用した世界初※1のカーボンニュートラル商用車フリートサービスを展開

株式会社スリーダム(本社:神奈川県横浜市神奈川区、以下、「3DOM」)は、中国大手自動車メーカー吉利新能源商用車集団(正式名称:浙江吉利控股集団、本社:中国浙江省、以下、「Geely」)の完全子会社であり電動商用車の開発・製造・販売を行う江西吉利新能源商用車有限公司(本社:中国浙江省、以下、「GCV」)と、2022 年 4 月に新型電動商用車向けバッテリパックの開発に関する戦略的パートナーシップに向けた覚書(以下、「MOU」)を締結しました。

3DOMは、GCV製電動商用車であるE51向けのバッテリの共同開発を行うとともに、3DOMの完全子会社で3DOM製バッテリの製造・販売を行う3DOM (Singapore) Pte. Ltd.(本社:シンガポール)を通じて、2025年までに約600MWh(15,000台相当)のバッテリを提供する予定です。

Geelyは中国地場系メーカーのトップ企業で、グループ傘下にはVolvo Carsなど多数の有力ブランドを保有しています。さらに同社の董事長である李書福氏はドイツのMercedes BenzやDaimlerグループの主要株主で、欧州の一流メーカーとの関係も強化しており、価格競争力を保ちながら、性能・品質面においても高いパフォーマンスを示した自動車を生産しています。

今回3DOMがバッテリの共同開発を行うE51は、Geelyの電動商用車部門であるGCVが2022年3月に中国で投入したばかりの最新型電動小型商用バンで、日本での配送業務にも十分対応するものです。

このE51は、3DOMが新規に設立する関連会社を通じて展開予定の世界初「カーボンニュートラル商用車フリートサービス(詳細を後述)」に使用されます。またGCVは、本サービス向け以外にも運送会社や物流業者に対し販売を行う予定です。

E51

<カーボンニュートラル商用車フリートサービスの展開について>

3DOMグループは、新規に設立する関連会社を通じて、世界に先駆けたカーボンニュートラル商用車フリートサービスを 2023 年を目途に日本から開始します。まずはE51とクリーン電力やカーボンクレジットをパッケージにしたフリートサービスを、運送会社や総合スーパーといった電動商用車を活用する企業へ提供する予定です。

近年地球温暖化の影響で、二酸化炭素のライフサイクルでの排出削減は世界規模での課題となっております。また、二酸化炭素の排出量に応じた金銭的ペナルティが課される時代が近い将来訪れると見込まれています。特に二酸化炭素を最も排出している分野の1つである物流・輸送業界は、荷主である大手Eコマース企業や製造メーカーから脱炭素化の強い要請を受けているおり、その動きを加速しています。

一方で、電動商用車を用いた輸送は、搭載しているバッテリコストの影響で内燃機関車より車両価格が高くなること、充電網の整備が不十分であること等の問題があり、普及に向けた障害となっています。

3DOMが独自に開発した長寿命バッテリを活用することで、バッテリの 2 次利用も積極的に活用できるようになり、1 回の充放電あたりのバッテリコストを低減することが可能になります。また、車両を販売するのではなく、サブスクリプション、あるいはリースを用いたサービスとして提供することで、電動商用車導入時の資金調達の負担軽減を図ります。

さらに、クリーン電力を供給する充電インフラを展開する企業とのアライアンスも進めており、充電網不足の問題にも対応していきます。加えて、バッテリや車両を製造する際に排出される二酸化炭素をオフセットするためのカーボンクレジット※2を取得することで、利用時のみならず製造時含めたカーボンニュートラルの商用車フリートサービスを実現します。

以上の取り組みにより、現在電動商用車を導入する上で直面する課題を解決しながらカーボンニュートラルを実現した商用車フリートサービスを展開します。

3DOMグループは、最先端のクリーンエネルギーソリューションを活用することで危機的状況にある環境問題を真に解決し、夢と希望にあふれる未来の創造に貢献していきます。

浙江吉利控股集団:
中国の民間大手自動車メーカー吉利汽車、Volvo Cars、London Electric Vehicle他の親会社
所在地:中国・浙江省
代表者:李書福
Webサイト:http://www.zgh.com/

江西吉利新能源商用車有限公司:
吉利新能源商用車集団傘下の商用車部門で、電動商用車の開発・製造・販売を担当する企業
所在地:中国・江西省
代表者:Mike Fan(マイク・ファン)
Webサイト:http://zgh.com/media-center/category/geely-new-energy-commercial-vehiclegroup/?lang=en

株式会社スリーダム
3DOMセパレータ・次世代バッテリ・燃料電池の研究開発を行う3DOMグループの中核会社
所在地:神奈川県横浜市神奈川区守屋町3丁目9番地C号 5 階
代表者:松村 正大
Webサイト:https://www.3dom.co.jp/

3DOM (Singapore) Pte. Ltd.
3DOMの完全子会社で、3DOM製バッテリの製造・販売を行う。現在シンガポール取引所で逆買収※3による上場を計画中。
所在地:シンガポール
代表者:小黒 秀祐
Webサイト:https://3dom.sg/

バイネックス株式会社
生育が早く二酸化炭素を大量に吸収しその一部を根に固定化するソルガムの栽培、それを活用したバイオメタノールの精製やバイオペレットの製造、さらにバイオメタノール改質で得た水素で起動する燃料電池の開発、そしてそのプロセスを通じてカーボンクレジットを生み出す。現在シンガポール取引所で逆買収※2による上場を計画中。
所在地:東京都港区赤坂1丁目7番1号
代表者:青木 宏道
Webサイト:https://binex.jp/

※1 当社調べ
※2 3DOMの子会社であるバイネックス株式会社は、生育が早く二酸化炭素を大量に吸収しその一部を根に固定化す
るソルガムの栽培しておりカーボンクレジットを生み出す。
※3 逆買収(Reverse Take Over):未上場企業が上場企業による買収・合併を通じて、未上場企業の上場を実現させる手法で、シンガポール証券取引所メインボードの上場マニュアルに定められている(チャプター10、パートⅧ)。

2022年04月01日
バイネックス、バイオマス合成ガス及びバイオメタノール生産体制を大幅拡充

バイネックス株式会社(本社:東京都港区赤坂、代表取締役:青木 宏道、以下バイネックス)は、2022年4月長崎県長崎市に大規模なバイオマス燃焼・合成ガス生産プラントを竣工し、試験運転等を経て6月を目途に既存のバイオメタノール生産プラントと共に稼働を開始し、バイオメタノールサンプルの本格的な出荷体制を構築します。
当該プラントは、株式会社中央環境(長崎県長崎市)が2011年から運用していましたが、昨年バイネックスが同社から譲り受け、最先端技術を投入して新設、リニューアルしたもので、今後の運用には同社の支援を受けることになっています。
バイネックスは、昨年5月に創立し主要株主の1社であるバイオマスエナジー株式会社から長崎県諫早市にある小型のバイオマス燃焼・バイオメタノール生産プラントの譲渡を受けました。当該プラントで製造したバイオメタノールは本田技研工業株式会社に提供され、2021年度F1選手権に参戦したレッドブル・ホンダの車両燃料の原料として活用されています。

今回長崎市で竣工するバイオマス燃焼・合成ガス生産プラントは、諫早プラントの10倍規模のバイオマス合成ガスを生産可能です。これをすべてバイオメタノール生産に利用した場合、年間約350キロリットルのバイオメタノールを生産出来るほか、SAF(Sustainable Aviation Fuel)※1やバイオディーゼルやエタノール等のABF(Advanced Bio-Fuel)※2生産のためのバイオマス合成ガスの提供が可能になります。
バイネックスは諫早プラントで培った技術と経験を基にした長崎プラントの竣工に伴い、大規模なバイオマス合成ガスとバイオメタノールの生産体制を整え、今後、石油会社、石油化学会社、大手自動車メーカー、産業ガス企業、商社等向けのバイオメタノール供給のほか、SAFやABFの共同開発に繋いでいく予定です。

今回の発表について、バイネックス 代表取締役の青木宏道は次のように述べています。
「当社の主要株主の1社であるバイオマスエナジー社が長年開発し続けたバイオマス燃焼とバイオマス合成ガス生産技術を結集した長崎プラントが完成し、バイオメタノールのサンプル入手をお待たせしていた多くの企業向けに出荷を開始出来ることを大変嬉しく思っています。これまで諫早プラントが生産したバイオマス合成ガスを原料としたバイオメタノールやバイオディーゼルを製造した実績はありますが、これら以外にもSAFやABFの合成が可能であり、国内外の商社やエネルギー会社など多くの会社と協議を進めています。長崎プラントの稼働はこの動きを大きく前進させ、当社が東京大学農学部と共に開発するガス化に適したソルガム育種開発※3と相俟ってカーボンネガティブ実現に向けて大きな一歩をまた踏み出すことになると期待しています」

バイネックスはこれらの活動を通して、地球の二酸化炭素削減に真に取り組んでいきます。

 

バイネックス株式会社
バイネックスは食糧問題、環境問題、エネルギー問題に真に取り組む、バイオ燃料のバリューチェーン構築を目指す企業です。生育時に大量の二酸化炭素を吸収固定化する植物であるソルガムの育種開発・栽培、ソルガム子実の食料供給、葉や茎といった残渣を原料とするバイオメタノールの製造・供給に加え、バイオメタノールを水素キャリアとする燃料電池や半導体製造、内燃機関向け燃料、石油化学向け原料代替等の用途開発を行っています。

※1 SAF(Sustainable Aviation Fuel):
持続可能な航空燃料。ジェット機で使用される高度な航空バイオ燃料種別の名称。

※2 ABF(Advanced Bio-Fuel):
先進型バイオ燃料。

※3 東京大学大学院農学生命科学研究科とペルーでのバイオ原料ソルガムの共同研究を2021年10月に締結し、既に試験栽培に着手している。