Management / 経営陣

CEO MESSAGE

代表取締役 松村 正大

デジタルインテリジェンスと電動化技術で
自然と共生した豊かな未来を創る

代表取締役 松村 正大

アメリカンインターコンチネンタルユニバーシティロンドン卒業。デザイナーとして日本のファッションブランドのクリエーティブディレクター兼代表取締役に就任。自身のブランドも立ち上げ、代表取締役として経営に携わる。その後、当社取締役を経て2018年9月より代表取締役社長。

Al、IoT技術を軸とした産業構造の変化、新興国の台頭による各国間のパワーバランスの変化など、企業を取り巻く世界の情勢は大きな変化の時を迎えています。今まで常識だと捉えられていたことが非常識となり、非常識だと捉えられていたことが常識となる、そんな新しい時代がそう遠くない将来に迫っています。
弊社は東京都立大学金村教授(弊社CTO)の研究成果である独自の3DOMセバレータ技術を中核に据えつつ、各方面から集まった経験豊富で優秀な技術者陣による独自の研究開発により、次世代電池実現に向けたフロントランナーであると自負しております。 また、これら次世代電池を活用した独自のビジネスモデルの構築により、蓄電池を中心としたエネルギープラットフォームを押さえていきたいと考えております。

スマートフォンやPCなどの家電製品はもちろん、車や船、ドローンや飛行機などのモビリティの電動化、更には再生可能エネルギーの更なる普及など、私たちが開発する次世代電池が求められる分野は多岐に渡ります。弊社は、これらニーズにいち早く応え、モビリティ電動化や再生可能エネルギーの更なる普及により化石燃料時代に幕を下ろし、地球環境の保護·改善に貢献します。更に、ドローンを活用した新しいビジネスなど、これまで蓄電池の性能が阻害要因となり実現していなかった次世代のサービスの導入を促し、新しい時代の幕明けを先導していきたいと考えております。

 

Members of the Board
取締役

  • 取締役副社長小黒 秀祐

    横浜国立大学大学院工学研究科卒業。1979年松下電器入社、35年間リチウム電池事業に従事。2007年松下電池工業(株)取締役。2009年パナソニック(株)エナジー社リチウムイオン電池ビジネスユニット長としてバッテリーセルを供給する住之江工場の立ち上げなどに従事。2012年パナソニックサイクルテック(株)の代表取締役、2014年9月当社取締役副社長、2016年12月当社代表取締役社長。2018年9月より当社取締役に就任。



  • 鈴木 則義

    成蹊大学経済学部卒業。2019年に約40年間勤めた日興證券(株)(現SMBC日興証券(株))の副社長を退任し、2020年には、16年間兼任したエドモン・ドゥ・ロスチャイルド・日興(株)の代表も退任。現在は、電気興業(株)とトランス・コスモス(株)の2社の社外取締役に就任、個人的には(株)SUZUKI NORIYOSHI OFFICEとLES ROIS MAGES JAPON(株)の代表に就任。

  • 松村 昭彦

    北海道大学法学部法律学科卒業。大学在学中より学習塾の会社を起業。1991年に総合美容医科学研究所、1997年に投資コンサルティング事業を手掛ける会社を設立し、いずれも代表取締役社長に就任。その後、美容関連事業の研究開発、事業化に長年携わり、2008年にシンガポール証券取引所メインボードに日系初のバイオ企業を上場させ、独自の経皮送達技術による医薬品と化粧品の開発、事業化に注力する他、環境エネルギー関連事業に着手。2011年に当社の前身である(株)スリーダムテクノロジーを設立し、2014年より当社のグループ会社であるフューチャー・サイエンス・リサーチ(株)の会長として事業の立ち上げに従事。同年2 月には当社の最高戦略責任者に就任(現任)。

  • 竹中 平蔵

    慶應義塾大学名誉教授。博士(経済学)。一橋大学経済学部卒業後、1973年日本開発銀行入行、1981年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。2001年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。2004年参議院議員に当選。2006 年、参議院議員を辞職し政界を引退。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス㈱社外取締役、SBI ホールディングス㈱独立社外取締役、世界経済フォーラム(ダボス会議)理事などを兼職。

  • 古澤 満宏

    東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省。国際金融分野でキャリアを積み、外務省在米国大使館公使、国際通貨基金(IMF)の理事、理財局長、財務官、を歴任。2014年に退官後は内閣官房参与となり、国際経済について助言を行う。2015年よりIMF副専務理事、2021年より(株)三井住友銀行国際金融研究所理事長に就任。

  • 飯塚 洋

    成蹊大学法学部政治学科を卒業し、1985年にアリゾナ州立大学行政学部修士課程を卒業。1986年から2007年まで、複数の政治家の秘書を務めた。2007年、飯塚事務所の代表に就任し、後に㈱飯塚事務所の代表取締役社長に就任(現任)。2007年4月より、アジアフォーラムジャパンの主席研究員、同年8月より、East-West Centerの客員研究員を歴任。

 

Statutory Auditor
監査役

  • 福島 正己

    北海道大学法学部法律学科卒業。公認会計士兼税理士。あずさ監査法人(旧朝日監査法人)を経て、海外での会社設立等をサポートする(株)アシストを設立。同社の経営にあたる一方で福島公認会計士事務所の所長となり、その後、アスカ監査法人大阪事務所代表社員及びICS税理士法人の代表社員に就任。

 

Senior Management
経営陣

  • 副社長森 辰男

    中央大学理工学部卒業。日本コンデンサ工業株式会社 (現ニチコン)、松下電器産業株式会社(現パナソニック)にて30年間電池事業に従事。パナソニック(株)では、商品開発技術者として12年間、工場責任者として18年間、製造現場を統括し、生産工場の経営管理を担う。パナソニックエナジー無錫(中国)有限公司及び、パナソニックストレージバッテリー瀋陽(中国)有限公司の現地法人社長、リチウムイオン電池工場(兵庫)の工場長等を歴任。2021年3月より当社新子安拠点長兼プロダクト本部総括責任者に就任。

  • CTO金村 聖志

    京都大学大学院工学研究科工業化学専攻博士後期課程中途退学。博士(工学・京都大学)。京都大学工学部准教授、東京都立大学准教授を経て、2002年4月東京都立大学大学院工学研究科応用化学専攻教授に就任。3DOMセパレータの開発者。大学客員教授、NEDOの審査委員などを歴任。著書:「次世代型二次電池材料開発(2016、2014)」「リチウムイオン電池(2015)」「自動車用リチウムイオン電池(2010)」。2016年12月当社取締役。

 

Technical Advisor
技術顧問

  • 桑村 俊哉

    九州工業大学大学院工学研究科卒業。松下電器産業(株)(現パナソニック)入社。業界初の高出力カメラ用リチウム一次電池の開発・量産化プロジェクトに参画。以来、一貫してリチウム電池の開発に従事。米国技術駐在を経て、リチウム一次電池、マイクロ電池事業の統括責任者を担当。その後、(株)クレハ・バッテリー・マテリアルズ・ジャパン、(株)クレハにてリチウムイオン二次電池向け材料の開発に携わり、パナソニック(株)技術顧問を経て現職。金属リチウム負極電池における先駆者の一人。研究開発部門を担当。